内科研修医のための
抗生剤の使い方

このテキストを閲覧するにはAdobe社のPDFファイル閲覧ソフトウェア

“Acrobat”が必要となります。クリックしてください。

 

目次 

はじめに

1
 細菌検査                       
 ・細菌培養検査の考え方                
 ・起炎菌の検出                     
 ・(参考)菌の簡単な分類法              
 ・検体別起炎菌表                   

2
 抗生剤の選び方                    
 ・抗菌力                       
 ・MICによる抗生剤選択の実際             
 ・MIC累積曲線の読み方                
 ・KB法とは                      
 ・組織移行=臓器内濃度                
 ・副作用                       
 ・殺菌剤と静菌剤                   
 ・薬動力学からみた抗生剤の有効性           
 ・Eagleの理論                    
 ・PAEの理論                     
 ・PAEの理論によるアミノ配糖体1日1回投与法      

3
 抗生剤投与法
 ・1剤投与が原則 
 ・抗生剤の変更は細心かつ大胆に 
 ・βラクタム剤は1日2K 
  (参考)こういう抗生剤の投与をしてはいけません!
 ・腎不全時の抗生剤の使い方の原則
  (参考)血清クレアチニンとクレアチニン・クイアランスの関係 
 ・
排泄経路による抗生剤の分類 
 ・βラクタム剤 
 ・βラクタマ−ゼ阻害剤付ペニシリンが有望 
  (参考)菌別βラクタマ−ゼ産生率 
 ・MRSA に対する時間差攻撃療法

4
 抗生剤各論 
 ・各世代セフェム剤の特性を知ろう 
 (参考)セフェム剤の分類
 ・CEZは感染予防用抗生剤
 ・セファマイシンは嫌気性菌に強い
 ・もっとモノバクタムを使おう
 ・カルバペネムは札礼的な抗生剤
 ・カルバペネムがダメならミノ
 (参考)ブドウ糖非発酵菌
 ・アミノグリコシドは1日1回投与
 ・マクロライドの使い方
 ・ニュ−キノロンの使い方
 ・ジフルカンは使いやすい抗真菌剤
 ・バンコマイシンの使い方

5
 感染症診療上の注意点
 ・経過表を付けよう 
 ・急性期血清を取り置きしよう 
 ・第3世代セフェム剤を感染予防に使うのはやめよう 
 (参考)術後感染症の起炎菌
 ・肺炎の診療 
 ・感染症心内膜炎の診療 
 ・髄膜炎の診療 
 ・Empiric Therapy 
 ・感染症別投与抗生剤一覧