感染症テキスト(1998年度版)

このテキストを閲覧するにはAdobe社のPDFファイル閲覧ソフトウェア“Acrobat”が必要となります。←クリックして下さい。

目次

 

はじめに・・・・・この本の使い方

1.
感染症成立の5段階

2.
感染症の分類

3.
感染症の診断
(参考)感染症の重要な概念

4.

細菌培養検査

a.培養検査の考え方
b.起炎菌の検出
c.菌の簡単な分類法
d.検体別起炎菌表

5.
ブドウ球菌感染症・MRSA感染症
(参考)菌の解剖
    3大抗生剤耐性機構

6.
溶連菌感染症

7.
嫌気性菌感染症

8.
サルモネラ感染症

9.
ヘルペスウイルス感染症

10.
HIV感染症

11.
真菌症

12.
敗血症・感染性心内膜炎

13.
肺炎総論:実質性肺炎と間質性肺炎

14.
マイコプラズマ肺炎

15.
レジオネラ肺炎

16.
クラミジア肺炎

17.
食中毒・細菌性陽炎

18.
ツツガムシ病

19.
ライム病・梅毒

20.
ワイル病

21.
マラリア

22.
赤痢アメーバ・コレラ

23.
尿路感染症

24.
性感染症

付録 抗生剤療法の理論

.抗生剤の選び方

1.
抗菌力

2.
組織移行=臓器内濃度

3.
副作用

4.
殺菌剤と静菌剤

5.
薬動力学からみた抗菌剤の有効性

6.
排泄経路による抗生剤の分類
.抗生剤各論

1.
βラクタム剤

2.
ミノサイクリン
(参考)ブドウ糖非発酵菌

3.
アミノグリコシド

4.
マクロライド

5.
ニューキノロン

6.
抗真菌剤
。.その他

1.
経過表の読み方

2.
感染症別投与抗生剤一覧