嫌気性菌感染症総論 anaerobic infection

空気(=酸素)のない条件下で生育する細菌を嫌気性菌anaerobeと呼ぶ。
嫌気性菌には酸素の存在下では発育できない偏性嫌気性菌obligatory anaerobeと、酸素があると増殖がよくなる通性嫌気性菌facultative anaerobeとがある。
一般に嫌気性菌と言う時は、偏性嫌気性菌を指す。
嫌気性菌は、土壌の中や体の深部(とくに空気の触れない粘膜の中)に常在する。
土壌中の嫌気性菌(Clostridium)は外因性感染(破傷風など)を起こし、体内に常在する嫌気性菌(Bacteroidesなど)は内因性感染(敗血症など)を起こす。
偏性嫌気性菌のエネルギーの獲得の仕方は酸素に依らず、 発酵、光合成および硫酸塩などを還元・利用するものである

 嫌気性菌の定義

*偏性嫌気性菌酸素があると増殖できない菌を「偏性嫌気性菌」という。腸内細菌叢の99%以上はこの偏性嫌気性菌である。破傷風菌・ガス壊疽菌・ボツリヌス菌など。

*通性嫌気性菌酸素のある好気条件下・酸素のない嫌気条件下の両方で増殖できる菌群をいい、一般細菌の大部分がこれに属する。大腸菌、ブドウ球菌など。

*偏性好気性菌:酸素がないと増殖できないもの。結核菌、百日咳菌など。

 嫌気性菌の分類  

桿菌

芽胞形成菌

グラム陰性

Clostridium(重要)

無芽胞菌

グラム陽性

Propionibacterium, Bifidobacterium, Lactobacillus,   Actinomyces, Eubacterium

グラム陰性

Fusobacteirum, Leptotrichia,  Desulfomonas,    BacteroidesSpirochaeta

球菌

無芽胞菌

グラム陽性

Peptostreptococcus, Peptococcus

グラム陰性

Veillonella

              

★芽胞(sporeとは何か?(特別講義)

               

 嫌気性菌の感染経路

[病原体の所在]皮膚・粘膜、口腔内、腸管内、女性性器内等

(人の粘膜の常在菌叢の99%以上を占める)

[感染経路] 

   嫌気性菌の多くは人体の常在菌で日和見菌→内因性あるいは自己感染

嫌気性菌はほとんどが内因性感染である

(例外)破傷風、ボツリヌス中毒、ガス壊疽


  *内因性感染とは「常在菌感染症」を意味する。

                             (例)カンジダ感染症、カリニ肺炎

嫌気性菌の感染パターン

 

1)口腔内常在嫌気性菌                                (  )内は検出頻度

                ↓                          

歯齦膿瘍(80%)、慢性中耳炎(50%)、慢性副鼻腔炎(50%)→脳膿瘍(83%)

   ↓                                                                                                     

       誤嚥性肺炎(87%)、肺膿瘍(93%)、膿胸(76%)→(血行性) 敗血症

 

2)腸管内常在嫌気性菌→(経胆道性)→肝膿瘍(53%)、胆道感染(30%)

              ↓

      (炎症・外傷)→腹膜炎(80%)、腹壁膿瘍(94%)→敗血症

 

 3)膣内常在嫌気性菌→(分娩・流産・帝王切開)

                                        

卵管炎・骨盤腹膜炎(56%)、卵管・卵巣膿瘍(92%)、外陰・膣膿瘍(74%)                              ↓

敗血症、IE

   4)糞便・土壌→(創傷感染)→軟部組織感染症  Clostridium

                           (経口感染)→食中毒

 嫌気性菌感染症の特徴 (重要) 

1.慢性/亜急性の経過をとる

2.深在性である

3.組織の壊死を伴う

4.悪臭のある分泌物が多い

5.膿瘍形成傾向が強い

6.ガス産生性である

7.難治性である

8.単独感染より混合(複数菌)感染が多い。

 

  嫌気培養をすべき時  

    . 病巣部、膿、穿刺液に悪臭があったり、ガスがある時

    . 検体の塗抹標本で菌を認め、好気培養で陰性

    . 嫌気性菌が多数常在する粘膜面やその近くの感染症

    . 敗血症やIEが疑われるが、血液の好気培養陰性

    . 膿瘍、腹膜炎、骨盤内感染など

        (嫌気性感染症でよく同時に検出される通性菌)

          E. coli, Klebsiella, Enterobacter, Proteus,

          Streptococcus, Staphylococcus

 嫌気性菌感染症の治療 

. 排膿(ドレナージ)まず第一にこれを行なう。これは抗生剤療法に先行する

. 壊死組織の外科的切除:開胸排膿など

. 抗生剤療法:膿瘍や壊死組織での薬剤濃度を高めるために通常経静脈投与を行なう。

  アミノグリコシドは嫌気性菌に無効である。

  腸内細菌などの通性嫌気性菌との混合感染が多いことも配慮する。