感染性廃棄物の運命

感染性廃棄物の焼却場に行ってきました。(会社の名前は伏せています) H30.10.5

設備概要図です。画像をクリックすると拡大します。

gaiyozu

一般廃棄物はここに廃棄されます。

一般廃棄物1

クレーンでロータリーキルンへ投入されます。

一般廃棄物2

右上が投入口です↓

一般廃棄物

丸い筒がロータリーキルンです。500℃。

感染性廃棄物はここからベルトコンベヤーに乗って、ロータリーキルンへ送られます。

焼却炉の前です。熱気を感じます。

煙突です。

↓これは廃棄物の燃えかす“焼却灰”です(焼却灰バンカー室)

一部はセメントの原料になります。

shokyakuhai

感染性廃棄物と非感染性廃棄物は、搬送~投入経路は違っていても、焼却炉同じです。

したがって、廃棄物の感染対策とは、

病院のゴミ箱から運び出されて、焼却炉に投入されるまでの経路で実施される感染対策ということになります。