注射針(22G)が毛を切断する時

下記の図は、22ゲージ注射針(外径0.7mm、内径0.48mm)を刺したところです。
毛と毛包の隙間は、100ミクロンくらい幅で空いているので、けっこう、菌(径1〜2ミクロン)が増殖可能ですね。
そのまま、血管内に押し込まれることは推測できます。 だから、消毒が必要なんですね。
(こんなことして、何になるのかって? イメージですね、正確な)(向野)

藤田恒夫、藤田尚男著、標準組織学各論 医学書院より