毛と毛包

まず毛と毛包の解剖を知る必要がある (藤田恒夫、藤田尚男著、標準組織学各論 医学書院)

毛は、@髄質 A皮質 よりなる。
毛包は、@内根鞘 A外根鞘 B結合組織性毛包 よりなる。
 内根鞘は、(1)根鞘小皮 (2)ハックスレー層 (3)ヘンレ層 よりなる。

下の画像をクリックしてみると、毛と毛包の間の隙間は毛根部ではほとんどないことがわかります。
しかし、皮膚表面に近づくと毛と毛包の間に隙間ができています。ここに、菌が住み着くのでしょう。(向野)

毛と毛包の縦断面       毛と毛包の横断面

上記を頭に入れて、 下記をクリック捨てください。
               ↓
        注射針が毛を切断する時