標準予防策

要素

勧告

手指衛生

 

血液、体液、分泌物、排泄物、汚染物品に接触した後;手袋を外した直後;患者接触間

個人防御器具(PPE

 

手袋

血液、体液、分泌物、排泄物、汚染物品に接触するとき:粘膜や創部nonintact skinに接触するとき

マスク、ゴーグル、フェイスシールド

血液、体液、分泌物の飛沫、しぶきの発生しそうな処置prosedureやケア中に

ガウン

処置prosedureやケア中に、衣服や肌exposed skinが血液、体液、分泌物、排泄物に接触することが予想されるとき

汚染した患者ケア用具

微生物が他の人や環境に移らないような方法で取り扱う;目に見えて汚染しているときは手袋を着用する;手指衛生を実行する

環境管理

環境表面(とくに患者ケア区域において頻繁に接触する表面)の日々のケア、清掃、消毒の方法を発展させる

布類(リネン、洗濯)

微生物が他の人や環境に移らないような方法で取り扱う

針、その他の鋭利物

使用後の針をリキャップしたり、折り曲げたり、折ったり、手で扱ったりしない;利用できる時は安全器具を使う;使用後の鋭利物は穿刺耐性容器に入れる

患者の蘇生

口接触を避けるために、マウスピース、蘇生バッグ、その他の換気器具を使う

患者の配置

患者が感染伝播の大きなリスクのあるとき、環境を汚染させそうなとき、適切な衛生を維持できないとき、感染に罹りそうなとき、感染に伴う有害結果を起こしそうなとき

呼吸器衛生/咳エチケット

(症状のある患者の感染性呼吸器分泌物の発生源封じ込め、遭遇した最初の場所での開始)

症状のある人がくしゃみや咳をするときは口・鼻を覆うよう指導する;ティッシュを使い、ノンタッチのゴミ箱に捨てる;呼吸性分泌物で手が汚れた後に手指衛生を遵守する;耐えられるならサージカルマスクを着用する、あるいは、できるだけ3フィート以上の間隔を空ける

CDCPublic Health Guidance for Community-Level Preparedness and Response to Severe Acute Respiratory Syndrome (SARS) Version 2 (Jan 8, 2004)