疥癬 Scabies                      

疥癬(scabies)は、Sarcoptes scabeiという非常に小さな(顕微鏡でしか見えない)ダニ(mite)による皮膚の寄生(infestation)である。
寄生は、ありふれたもので、世界中で見られ、すべての民族、社会階級の人に感染する。
疥癬は、皮膚と皮膚が頻繁に接触するような混雑した状況(たとえば病院、療養施設、保育所、老人ホーム)で急速に蔓延する。

・吹き出物のような痛み。皮膚のトンネルあるいは発疹。特に指と指の間の部分(webbing)、 手首、肘、膝の皮膚の重なった部分(fold)、ペニス、胸、肩甲骨

・激烈なかゆみ。特に夜間、全身のほとんどの部位で。

・体のひっかき傷。これらの傷は時々細菌感染を起こす。

すでに疥癬に罹っている人との、長期にわたる直接の接触による。
接触は長期でなければならない(少しの握手、抱擁は感染を広げない)。
sexual partnerや家族には容易に感染する。また、衣服やタオルベッドの共有によっても起こる。

免疫能の低下した人や高齢者は疥癬のより重症のタイプ、すなわちノルウェー疥癬(痂皮化疥癬)にかかるリスクが高い。

いったん人の体から離れると、ダニは48〜72時間以上は生存できない。
人体上では、雌の成虫は1ヶ月生きる。

うつらない。
ペットに感染するのは別の種類の疥癬ダニである。
ペットに疥癬がつき(これも疥癬mangeと呼ばれる)、密な接触があるときは、ダニは皮下に入り、かゆみや痛みの原因に成り得る。
しかし、ダニは二日で死に、増殖はしない。
ダニは数日間のかゆみを引き起こすが、ダニを殺すための治療は必要ない。
ただし、ペットが十分に治療されるまで、ダニは人の皮下にもぐりこみ、かゆみを引き起こす。

今まで一度も疥癬に罹ったことのない人の場合は、症状が出るのに4〜6週かかる。
疥癬に罹ったことのある人では、数日で症状が出る。
疥癬に対する免疫はできない。

最も一般的にはトンネルや発疹を見ることによって、診断される。
診断確定のためにダニ、卵、排泄物を見るために、皮膚のscraping(削り屑)が採取される。
皮膚scrapingや生検がなされ、陰性化しても、まだ感染している可能性はある。
ふつう、疥癬患者の全身体におけるダニの数は10以下である。このことが寄生を見逃すのを容易にしている。

可能である。
いくつかのローションが疥癬治療のために使用される。(向野注、使用法からしておそらくリンデンローションを指している。)
常に主治医の指示あるいは添付文書の指示に従うこと。
ローションは清潔な体の首からつま先まで適用される。一晩(8時間)そのままにしておく。
8時間後、風呂あるいはシャワーでローションを洗い流す。清潔な服を着る。
疥癬患者の使ったすべての衣服、寝具、タオルは治療2日前に、熱湯(hot water)で洗い、hot dryerで乾燥させる。同じローションでの治療が7〜10日後におそらく必要である。
妊婦や子供にはよりマイルドな治療がなされる。

疥癬と診断された人は誰でも(sexual partnerや長期の密な接触の会った人も同様に)、治療を受けるべきである。
あなたの主治医が家族も治療するように指示したときは、再感染を防ぐためにみんなが同時に治療を受けるべきである。

かゆみはおそらく2〜3週間持続する。
しかし、それは感染の持続を意味しない。
かゆみがひどいときは、主治医が薬を追加するだろう。
有効な治療が行なわれた後48〜72時間で、新たなトンネルや発疹は出現しなくなる。